厚生労働省も勧める葉酸サプリ

妊娠中の女性に取り入れて欲しい栄養素である葉酸。
インターネットやテレビなどで話題になっていますが、厚生労働省も妊娠中の女性に摂取を勧めているです。

■厚生労働省が葉酸を進める理由
葉酸サプリメントを妊娠中の女性に勧めるにはいくつか理由があります。
健康的な人が、野菜を1日の推奨量である350gを食べたとしても葉酸の摂取量としては足りないと言われているからです。
ほかの栄養素は十分かもしれませんが、妊娠中の女性にとって必要な葉酸量としては不足してしまうのです。

野菜をきちんと350g毎日の食事で取るのも大変です。
現代人のライフスタイルを考えると、妊娠中の女性に取り入れて欲しいのが葉酸サプリメントの習慣なのです。

■外国に抜かれてしまった現状
厚生労働省がここまで葉酸サプリメントを勧めるには、ほかにも理由があります。
アメリカをはじめとする葉酸の摂取を国策にしている国は、パンやシリアルなどに葉酸をプラスするなど国単位で葉酸不足を行ってきました。
これにより妊娠中の女性がかかる神経管閉鎖障害の発症率を多きく減少させることに、多くの国は成功しているのです。

しかし、日本ではそういった対策をしてこなかったので、神経管閉鎖障害の発症率が外国に比べて逆転してしまったのです。
一昔前なら神経管閉鎖障害の発症リスクが低いと言われていたのに、葉酸対策をしている国に遅れを取ってしまったのです。
構成労働量はこの事実を重く捉えているようです。

■葉酸は妊娠中の女性に広まりつつある
厚生労働省の調査もあって、葉酸が妊娠中の女性に必要だという事は昔に比べてずっと認知されるようになりました。
まだまだ諸外国に比べて、日本の葉酸に対する意識は低いですが、これから先の未来には変わっていくことでしょう。

関連ページ

Copyright(C)2015 www.unexpectedembroidery.com All Rights Reserved.